京都のリサイクルショップに遺品整理をお願いした

つい先日叔母が亡くなったという連絡が、入院先の病院から入りました。
彼女は長年京都で一人暮らしをしていたのに加え、若い頃に離婚している為身内や身寄りと呼べる人が誰一人としていません。
甥である私が葬儀告別式等を一切執り行う事となったものの、何とか無事に叔母を見送る事が出来ました。
仕事の関係もありますので、何日間も京都へ滞在するわけにはいきません。
後に残されたのは、叔母の遺品です。
どう扱えば良いのか、頭を悩ませていたのですが大手リサイクルショップに、遺品整理をお願いする事にしました。
急なお願いだったにも関わらず、快く遺品整理を引き受けて下さったので本当に有り難かったです。
形見として残しておくものと、不用品として処分するものを1つずつ丁寧に仕分けていきます。
不用品に関しては、格安料金で引き受けて貰いました。
そのまま処分するのも忍びなかったので、合同供養をお願いしたのです。
叔母もきっと、喜んでくれている事でしょう。
スッキリした気持ちで京都を離れ地元へ帰る事が出来たので、遺品整理をお願いして良かったと満足しています。